Amazon(アマゾン)やStarbucks(スターバックス)が、仮想通貨開発に着手!!

2018年8月21日

この記事の所要時間: 354

 

皆さん、こんにちは。仮想通貨ブロガーの前田(https://maemaeda.amebaownd.com)です。前田オリジナルLINEスタンプ絶賛発売中なので、よろしくお願いします。

さて、皆さんもご存知のEコマース大手米Amazon(アマゾン)とコーヒーチェーン大手Starbucks(スターバックス)は、仮想通貨やブロックチェーンを事業に取り入れる姿勢を示しているというニュースが飛び込んできました。

 

 

私はAmazonはかなり利用しているので、このニュースは気になりますね。

 

 

AmazonやStarbucks、仮想通貨開発へ

 

Starbucksは、同社のアプリにブロックチェーンを導入する計画を立てており、アプリ用の独自通貨を作る可能性を示唆しています。

ハワード・シュルツ会長は、フォックスビジネスのインタビューに「Starbucksの事業前進にブロックチェーンは必要」と答えており、キャッシュレス店舗の設置に加え、アプリで使用できる独自の仮想通貨を開発する可能性があると語っています。

仮想通貨には大きな可能性を感じており、決済手段として店舗に導入することで、企業にポジティブな影響を与えると考えているようですね。

 

 

そして、2017年売上は驚異の約20兆円だったAmazonも参入を示唆しています。

現在、仮想通貨は投機的な面が強いですが、Amazonコインが、本当に開発されたら「買いますか」ではなく「使います」という方向に大きく動くキッカケになると個人的に思います。

Amazonが支払い手段として仮想通貨を受け入れるということは、消費者による仮想通貨の大量採用を意味しています。

Amazonのように1,200万以上の商品の販売を行っている大規模な企業が参入するのであれば、間違いなく仮想通貨市場に変革をもたらす「ゲームチェンジャー」となる事は間違いないでしょう。

今後も大手が仮想通貨独自トークンを発行するようになるのは間違いないと思います。そうなると数年後には、時価総額ランキングは大きく変動しているのではないでしょうか。Amazonコインが時価総額ランキング1位になっていても不思議ではありませんね。

Amazonが仮想通貨市場において多大なる影響力を持つ日は、そう遠くないかもしれません。

 

 

仮想通貨乱世時代の幕開けとなるのでしょうか。仮想通貨開発に着手できない企業は取り残されていくのかもしれません。時代の流れは仮想通貨に向かっている事だけは間違いありませんね。今後の動向に要注目です。

 

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

仮想通貨

Posted by maemae