仮想通貨Callisto(CLO)誕生、イーサリアムクラシックのハードフォークとエアドロップ

この記事の所要時間: 334

 

皆さん、こんばんは。イーサリアムクラシック(ETC)を、ClassicEtherWalletに送金した前田です。なぜかと言いますと、イーサリアムクラシックの「ハードフォーク」と「エアドロップ」が3月5日前後に予定されているからです。

エアドロップされる通貨は、Callisto カリスト(CLO)ですが、ClassicEtherWalletで保有していればCallistoが付与されるんですね。となれば、Callistoをもらいたいですよね。

 

 

イーサリアムクラシックの紹介動画です。イーサリアムクラシックは、イーサリアムのハードフォークコインです。そして、今回はイーサリアムクラシックのハードフォークによりcallisto(CLO)が誕生します。

この記事を書いているのが3月5日なので、もうそろそろで誕生ですね!!

イーサリアムクラシックの1割の値がつくと仮定すると、今、イーサリアムクラシックが3000円なので300円。100万円分保有していたら10万円分のcallisto(CLO)が付与されるとしたら貰っておきたいですよね。まぁ、いくらになるか分かりませんが。

 

イーサリアムクラシックのハードフォークとエアドロップ

 

 

今回のイーサリアムクラシックのハードフォークとエアドロップの詳細をまとめてみました。

  • Airdrop予定日:2018年3月5日前後(5500000blockに到達した時点)
  • Airdrop通貨:Callisto(CLO)
  • 付与対象:イーサリアムクラシック(ETC)保有者
  • 付与条件:1ETC対1CLOの割合
  • 受取方法:対応取引所(正式に付与すると発表している取引所はありません)
         ウォレット「MyEtherWallet」「ClassicEtherWallet」「ClassicMask」

ハードフォークコインは、BinanceやKuCoin取引所で受け取れる可能性はありますが、公式からの発表はないので、確実にもらいたい方は「MyEtherWallet」「ClassicEtherWallet」「ClassicMask」にイーサリアムクラシックを移した方が確実です。

また、いつも事ではありますが国内の取引所だとエアドロップはなさそうなので注意しましょう。

 

callisto(CLO)とは!?

 

callisto(CLO)は、イーサリアムプロトコルを基盤とした独自の暗号化(CLO)を備えたブロックチェーン。

開発チームによると、イーサリアムクラシックのサイドチェーンとして働き、スマートコントラクトを軸とした、ガバナンスシステムを決められるプラットフォームを確立するための実験プロトコルで、発行上限はあるようですよ。

今後の動向に要注目ですね!!

 

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?