コインチェック補償後、上昇を続ける仮想通貨ネム(XEM)。昇るよどこまでも。

2018年8月21日

この記事の所要時間: 32

 

皆さん、こんにちは。ネムを保有している前田(https://maemaeda.amebaownd.com)です。コインチェックの仮想通貨ネム流失事件の後からダダ下がりだったネムが、ついに反撃に打って出ました。

コインチェック補償後、ネムが月に向けて登っています。いや、昇っています。

 

 

ここで、ネムに関しておさらいしておきましょう。

 

NEM(New Economy Movement)は、2014年に発足した、次世代のブロックチェーンプロジェクトです。
ネイティブでマルチシグ(複数署名)に対応し、複数のアセットを作成管理でき、それら全てがAPIから容易に扱えるなど、高度で安定したブロックチェーン技術を提供しています。
金銭的な自由、平等な分散型プラットフォームとして新たなデジタル通貨による経済圏の創出を目標としています。

発行されるクリプトの単位は「XEM」
総発行量は8,999,999,999XEM

引用:Zaifより

 

仮想通貨ネム(XEM)、ついに上昇トレンドに転じる

 

コインチェックから1ネムあたり88円で補償金を受け取った人たちが、33円まで下落したネムの購入に走るのではないかという大方の予想通りの展開となっています。さて、今後の展開が気になります。

以下、私の予想です。

・19、20日にG20の警戒売りが入る可能性がある。
・G20では今後も引き続き規制を検討する程度の内容と予想。
・警戒は解かれない。そして、BTCに連動する。

この事から60〜65円くらいに落ち着くのではないかと勝手に予想して見ます。

ちなみに、コインチェックは仮想通貨の購入はまだできないので、ネムを購入できるのは国内の取引所ではZaif(ザイフ)だけとなります。世界で見ると180社以上ある取引所の中でもネムを取り扱ってるのは20社ぐらいです。意外に少ないですね。それでも、仮想通貨の時価総額ランキングでは常にTOP10ほどをキープしているというのは素直に凄いとしか言いようがないでしょう一番高かった時でたしか5位とかですよ!!

今回のコインチェックの件で、ネムは知名度だけならビットコイン並みに世間の認知度が上がりました。はっきり言って、今回のハッキングのせいでネムの価値が下がるってことはありません。ネムに脆弱性があったわけではなく、取引所のセキュリティが甘かっただけの事です。

相場が荒れてて、いつ買い増しすればいいのか分からないという方もいるかと思います。そういう場合は、Zaifで毎月積立をするというのも一つの手ですよ。

2018年の価格がどう動くのか楽しみですね。巻き返しの時ですよ。

 

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

NEM, 仮想通貨

Posted by maemae