脅威の取引手数料!!注目の仮想通貨取引所「ビットマート(BitMart)」とは?

2018年8月21日

この記事の所要時間: 46

 

皆さん、こんにちは。仮想通貨塩漬け中の前田(https://maemaeda.amebaownd.com)です。最近、注目されている仮想通貨取引所「ビットマート(BitMart)」に関して調べてみたのでご紹介します。もちろん私も口座解説しています。

世界最大の通貨サイトのCoinMarketCapでは、世界取引所ランキングTOP38にランクインするなど実績のある仮想通貨取引所ですよ。日本の仮想通貨取引所は口座開設に1週間くらいかかりますが、海外の仮想通貨取引所は登録も数分で簡単に出来るため、手間がかかりません。もちろん無料です。

ビットマート(BitMart)の登録はこちらから⇨http://www.bitmart.com/?r=1x2K7r

 

ビットマート(BitMart)取引所とは!?

 

ビットマートとはどんな取引所なのかご紹介します。

 

取扱通貨

 

ビットマートの取扱通貨ですが、BTCやETHなどの主要な銘柄に加え、独自トークンであるBMXなど現時点で合計36種類の銘柄を取扱っています。通貨ペアも豊富の82種と国内の取引所とは段違いの多さです。

 

グローバル展開している

 

ビットマートは、暗号通貨の愛好家グループによって開発された仮想通貨取引所で、ケイマン諸島を本拠地としています。

現在は、アメリカや中国、韓国にオフィスをグローバル展開しており、世界160ヶ国以上40万人以上の登録ユーザーが利用しています。

 

 

資産流出リスクが少ない

 

分散型の取引所で、取引や資産管理などは運営会社が管理しているわけではなく、ブロックチェーン上で管理され、それぞれのユーザーが秘密鍵を所持しているので、コインチェックの様にハッキングなどによる資産流出リスクが少ないのが特徴となっています。これは、ユーザーにとって安心できるポイントでしね。

 

取引手数料が国内外問わずNo1の安さ

 

また、管理・運営に必要な人員が必要最低限なので、取引手数料は驚異の「0.05%」と国内外問わずNo1の手数料設定を可能としているのも特徴です。Binanceは「0.1%」OKExは「0.2%」なので、この手数料はかなり安いですね。

さらに、取引所のトークンである「BMX」を所持していると、50%OFFの「0.025%」とほぼ無料に近い様な手数料になります。手数料って、チリも積もるとバカにならないので安いに越した事はありません。コインチェックなんてネムの取引で取引手数料8%とかでしたからね。

 

 

24時間、日本語でサポートしてくれる

 

ビットマートは海外取引所には珍しく、日本人スタッフが常駐しているので日本語のお問い合わせにも24時間対応してくれるという素晴らしいサービスもあります。

取引所の言語も日本語に対応している(親切!!)ので、英語がわからなくても問題なく取引所を利用することができます。日本語に対応していないと、英語を読めない人からしたら何の事か分からないですからね。

ビットマート(BitMart)の登録はこちらから⇨http://www.bitmart.com/?r=1x2K7r

 

オレ的FXのJinさんが動画で紹介

 

オレ的FXのJinさんも動画でビートマートの紹介をしていました。Jinさんもビートマートで取引するみたいです。参考になるので、どうぞ!!

 

 

ビットマート(BitMart)の登録はこちらから⇨http://www.bitmart.com/?r=1x2K7r

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ビットマートは2018年3月にサービスを開始したばかりの取引所ですが、様々な業界のスペシャリストが集まって開発されているだけに、すでにアメリカ連邦政府MSBに登録されており信頼性も高いです。ニューヨーク・タイムズスクエアのNASDAQ巨大電光掲示版にも掲載されています。

日本語対応もしていて、取扱通貨も多いので色んなアルトコインを持ちたい人にはかなりおすすめだと思います。

手数料も安く、取扱通貨も豊富で日本語対応しておりサポートも24時間対応しているので、海外取引所の中でもかなり使いやすい仮想通貨取引所です。

今回の記事で気になった方は登録するのは、ビットマートに登録してみてはいかがでしょうか?

ビットマート(BitMart)の登録はこちらから⇨http://www.bitmart.com/?r=1x2K7r

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?