【かんたん不労所得】SBI FXTRADEの「積立FX」はオススメ!!

この記事の所要時間: 518

皆さん、こんにちは。投資系FXブロガーの前田(天才の部屋へようこそ!!)です。

私はインフレ対策や外国株投資のために外貨を少量ですが保有しています。

 

 

オススメのFX会社はSBI FXTRADEです。通常のFXに加えて、外貨を一定額ずつ購入する積立FXというサービスがあります。オススメと言いましたが、業界唯一の自動で定期的に外貨を積み立ててくれるシステムとなっています。

「積立FX」は外貨預金感覚で長期的な運用を目的とした人を対象にしたサービスなので、安心して利用できます

私は投資信託も運用しているのですが、投資信託と同じで自動積立設定をすれば、毎月何も考えずにほったらかし投資ができるので、不労所得と言っても過言ではない投資です。

今回は、そんなSBI FXTRADEの「積立FX」についてご紹介していきます。

 

 

  • 取扱通貨は9種類
  • レバレッジ1〜3倍(新興国通貨は2倍)まで
  • 証拠金率30%でロスカット
  • 1通貨から購入可能
  • 買い注文オンリーで、スワップがプラスの通貨のみ取扱
  • 定期的(毎日・毎週・毎月)に自動積立の設定が可能
  • 投資額を決めて注文が可能

 

ドルコスト平均法の低リスクとFXの低コストで外貨運用したいという方に特にオススメです。ご参考までにどうぞ!

 

 

 

 

「積立FX」メリット1:スプレッドが安い

 

まず、特筆すべき点は取引コストがたったの5銭と手数料が非常に安いという点です。外貨預金だと1円くらい、外貨MMFでも20銭くらいはかかるので、長期運用になってくると、この差は非常に大きくなります。

銀行の外貨積立をやるよりも遥かに低コストです。また、銀行の外貨預金と違ってペイオフの対象ですから低リスクでもあります。

短期投資でキャピタルゲインを狙いたい人は、一般的なFXの方がスプレッドが安いので、そちらで取引をした方がいいでしょう。

 

 

「積立FX」メリット2:自動積立購入の頻度を毎日、毎週、毎月から選択可能

 

「積立FX」では、自動購入により毎日取引する手間をなくす事ができます。また、自動積立の頻度を毎日購入、毎週購入、毎月購入と選択する事ができます。毎日購入にした方ドルコスト平均法の効果が期待できそうです。

もちろん任意の購入や売却も可能ですので、大きく下げた時は多めに買うといったスポット買いも可能です。

 

 

「積立FX」メリット3:取引業者が破綻しても資産が保証される

 

 

銀行の外貨預金は、預金保護保険制度の対象外で保証されません。しかし、SBI FXTRADEなら業者が破綻したとしても自身の資産は全額保証されます。

また、業界初の随時信託保全を導入しているので、入金した後、数日かかる事なく即信託会社に入金・信託保全されます。

FXの方が外貨預金より安全というわけです。特に積立FXは、中長期投資なので安全性はとても重要な点です。

 

 

「積立FX」メリット4:設定画面が分かりやすい

 

積立FXの設定画面はとてもシンプルかつ専門用語を極力省いてるので、専門用語が分からない初心者の方も簡単に設定できます。親切ですね。

 

「積立FX」メリット5:スワップポイントがもらえる

 

積立FXでは、スワップポイントももちろん付与されます。

ドルコスト平均法による積立は時間のリスク分散なので必然的に中〜長期の投資が現実的になります。

しかし、損失は小さくなりますが、同時に利益も小さくなるので為替差益によるキャピタルゲイン狙いには向いていません。

積立FXでも随時的な取引は可能ですが、短期投資でキャピタルゲインを狙いたい人は、一般的なFXの方がスプレッドが安いので良いと思います。

積立FXは資産の一部を外貨で持っておき、コツコツと外貨を積み立ててスワップポイントを稼ぐインカムゲイン狙いの人にオススメできます。

レバレッジ1倍ならば外貨預金とリスクは変わらないですし、2〜3倍でもドルコスト平均法のおかげで高値掴みをしないのでロスカットのリスクは小さくなります。

 

 

SBI FXTRADEまとめ

 

いかがだったでしょうか。デメリットを挙げるとすれば、株や投資信託と損益通算できないという点です。

積立FXは中〜長期的な運用に向いたシステムですが、そもそもFX自体が長期運用に向いていません。

「経済は成長し続ける(成長することを目指す)」という前提があるので、株式は拡大を続けていく事でしょう。

今よりも10年後、20年後に価値が上がっていることに期待を抱けます。

しかし、通貨はそうとは言えません。

何故なら円安になり続けても、逆に円高になり続けても悪い影響が、それぞれにあるからです。ある一定の範囲内でバランスを保つべきであり、外貨を長く保有しても利益が膨らみ続ける事は株式と違って期待できません。

FXは資産の一部を外貨で保有しておきたい人にとって大きな武器となります。外貨預金よりも低コスト低リスクというわけです。

外貨を買うタイミングがわからない人もいるでしょう。そんな人こそ、ドルコスト平均法を使って購入価格を平均的にするのが確実ですし、そのためのツールとして積立FXは簡単なシステムになっています。

1通貨から積立可能なので少額で試せます。興味がある方は口座開設してみて試してみましょう。

SBI FXTRADEで申し込みをすれば、通常のFX口座と積立FX口座の両方が開設され取引できます。

投資信託と同じで、ほったらかしでで積立できて、しかも金利もつきますので、不労所得と言って過言ではないと思います。かなりオススメですよ。

申し込みはこちらから⇨SBI FXTRADE

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

FX

Posted by maemae