トルコリラ政策金利発表、日本時間13日午後8時!!22%まで利上げなるか!?

この記事の所要時間: 84

 

皆さん、こんにちは。投資系FXブロガーの前田(天才の部屋へようこそ!!)です。

いよいよトルコリラの政策金利発表の時間が迫ってきました。トルコ中央銀行は、進行するトルコリラ安やインフレ率が過去10年で最悪の17.9%となったのを受けて「物価安定のために必要な措置を行う」「9月の政策決定会合で金融スタンスの調整を行う」と表明しています。

利上げは確実視されていますが、問題の利上げ予想幅は、市場関係者の間でも1.50%から7.25%と大分開きがあります。

ショボイ利上げ幅だった場合には、逆に失望売りが殺到する事にもなりかねません。運命の時は刻一刻と近づいています。

 

 

トルコリラ政策金利発表はどうなるのか!?

 

 

山田真哉先生との対談は面白かったです。ポジショントークが多分に含まれますとテロップが流れてましたけど、そんなに良い話(ポジショントーク)とは思えませんでしたが(汗)

今後、トルコリラはどうなるんでしょう!?

 

【金融政策変更の可能性】
おおかたの予想は、主要政策金利である1週間物レポ金利を、現状の17.75%から150~500bpsの利上げ(19.25~22.75%)という内容になっています。

これに加え、預金準備率の引き下げという話も出ています。

最新のインフレ率が17.9%もあったので、欧州系銀行の間では、一気に22.75%までの利上げを支持する声が多かったのですが、今週月曜日に発表された2018年第二四半期GDPが5.2%まで下がってきたことを受け、利上げ幅を縮小するという声も聞こえてきます。

今年に入り、対ドルで42%も下落しているトルコリラ。

これだけ通貨安が加速すると、物価は高騰しているでしょうから、今後もインフレ率は20%台へ上昇することは避けられないと個人的には考えています。

そのため、GDPが若干弱含みであったとしても、中央銀行の責務である「物価安定の維持」を優先するのであれば、利上げは当然だと思います。

【考えられるシナリオ】
1.主要政策金利を21~22%くらいまで引き上げる

(3.00%~4.00%程度の利上げ)

物価安定の維持に忠実に沿い、政策金利を21~22%台に引き上げる。

そしてトルコ中央銀行は10月も引き続き利上げを実施する可能性を示唆する。

2.主要政策金利を19%台に引き上げ、預金準備率も引き下げる

(1.50%~2.00%程度の利上げ)

引用元:FXプライムbyGMO

 

考えられるシナリオ①にある主要政策金利を21~22%くらいまで引き上げとなれば、間違いなくトルコリラ高となるでしょう。トルコ戦士達が救われるわけですね。

また、10月の金融政策決定会合での利上げ示唆もあれば、欧米の機関投資家も、簡単にはトルコリラ売り(トルコリラ安)を仕掛けてくることは出来ないので、今後、トルコリラは底堅く推移していく可能性が考えられます。

考えられるシナリオ②にある主要政策金利を19%台に引き上げ(1.50%~2.00%程度の利上げ)、預金準備率も引き下げることになれば市場はどう反応するのでしょうか。ショボイ利上げは失望売りに繋がる可能性が考えられるので、あまり良い結果にはならないかもしれませんね。

隠れシナリオ(!?)として、政策金利の構造を変更するという噂もあるようです。

翌日物貸出金利
19.25%

1週間物レポ金利(=政策金利)
17.75%

翌日物借入金利
16.25%

後期流動性貸出金利
20.75%

という枠組みを変更するという事のようです。これも、実行されたら市場はどう反応するんでしょうか。内容が微妙というか反応に困ってしまいますね。

さぁ、FXトレーダー達が大注目しているトルコリラ政策金利発表は、日本時間13日午後8時!!!!

こうご期待!!!!

 

トルコリラのニュースまとめ

 

私が今までアップしたトルコリラの記事をまとめています。是非、ご覧ください。

まとめ記事⇨【随時更新】トルコリラのニュース記事まとめ【FX・為替】

 

私が利用しているオススメのFX会社

 

ここでは、私が利用しているオススメのFX会社をご紹介します。参考になれば幸いです。

ちなみに私がよく視聴しているFXユーチューバーのJinさんの、オススメFX会社の動画は面白かったので、是非、参考にしてみてください。

 

 

DMMFX

 

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXです。

①FX業界最狭水準のスプレッド「全20通貨ペア」
②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」
③カスタマーサポートも充実で初心者も安心「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
④安心安全の『全額信託保全』導入済み「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理」
⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信 充実の為替情報でFX取引の参考になります

詳しくはこちら⇨DMM FX

 

 

GMOクリック証券【くりっく365】

 

・南アフリカランド円の買いスワップポイントが最高水準のFX会社
・取引手数料0円はくりっく365ではこの会社だけ
(キャンペーンではなく、2013年10月1日からずっと取引手数料0円を実現)
・口座開設者数43万7972口座(2018年6月現在)と人気
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

GMOクリック証券【くりっく365】の口座を開設はこちらから⇨GMOクリック証券【くりっく365】

 

 

SBI FXトレード

 

①業界最狭水準!驚きのスプレット幅
 米ドル円スプレッド0.27銭と業界最狭水準(※)

②FXでは珍しい1通貨単位から取引が可能
 1回の発注で1000万通貨まで可能
 様々な投資スタンスに合わせたお取引が可能

③金融業界でも信頼の厚いSBIグループ

※上記スプレッドは固定されたものではなし。市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などによって、提示以外のスプレッドになる可能性あり。
※上記スプレッドは1万通貨注文までのスプレッド。
※法人口座におけるロスカット時のスプレッドは、基準スプレッド内の最狭スプレッド適用対象外。

SBI FXトレードの口座開設はこちら⇨SBI FXTRADE

 

 

みんなのFX

 

ファイナンスマグネイト東京サミット2015
ベスト・FXブローカー賞受賞

①ドル円スプレッドは業界最狭水準の『0.3銭』で提供
②ユーロ円、ポンド円、豪ドル円など主要通貨スプレッドも業界最狭水準
③手数料無料、口座維持費やロスカット手数料も無料
④モバイル&スマートフォンでお取引も快適
⑤有名ブロガーやアナリストによる無料Webセミナーは毎月開催
⑥新規口座開設キャンペーンも実施中
⑦みんなのシストレ・みんなのオプションと「自動売買」「バイナリーオプション」も一つの口座で取引可能

【主要通貨スプレッド】
——————————
○USD/JPY 0.3銭
○EUR/JPY 0.4銭
○GBP/JPY 1.0銭
○AUD/JPY 0.7銭
○EUR/USD 0.4pips
——————————
AM8:00〜翌日AM2:00まで原則固定(例外あり)で提供

【みんなのシストレの特徴】
①優秀なストラテジーをセレクトすることで安定した収益が実現できる
②あなたが仕事をしている時も、寝ている時も、24時間システムトレードが行われます
③ストラテジーをランキング形式で紹介しており、お気に入りのストラテジーを見つけやすい
④1,000通貨単位での取引もできるため、初心者でも安心して始められる
⑤テクニカル分析や情報収集などは不要、あなたが見るのはストラテジーのプロフィール
⑥新規口座開設キャンペーンも実施中
⑦みんなのFX・みんなのオプションと「裁量FX」「バイナリーオプション」も一つの口座で取引可能

【みんなのオプションの特徴】
①ラダー・レンジと選べる取引タイプ
②主要4通貨ペアで取引可能(ドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドル)で取引出来る
③1000円のペイアウト
④50円〜990円で取引できる
⑤最短2分。最長でも2時間で結果が分かる

また、オプション口座を持っていれば「裁量FX」「システムトレード」と相場・状況に応じた色んな投資タイプを選べるので便利

みんなのFXの口座開設はこちらから⇨トレイダーズ証券「みんなのFX」

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

FX

Posted by maemae