仮想通貨リップル(Ripple,XRP)が暴騰。実用化への期待高まる!!

この記事の所要時間: 449

 

 

 

皆さん、こんにちは。絶賛仮想通貨塩漬け中のブロガー前田(天才の部屋へようこそ!!)です。

先日リップルが30円台から60円台まで暴騰しました。それもあってか、投資家関心を示すGoogle検索数で、史上初「リップル」が「ビットコイン」を上回ったそうです。

関連記事⇨仮想通貨リップル大暴騰、30円から一時75円まで上昇。第二のバブル幕開けか!?

 

 

下記チャートの通り、リップルの価格は、18日の時点で30円だったことが分かります。それが、21日8時の時点では、50円を越えてきています。リップラー達から歓喜の悲鳴が聞こえてきそうですね。

 

出典:bitbank

今回の高騰により、再びXRPがイーサリアムを抜いて時価総額2位に浮上しています。価格上昇の影響によりリップルの出来高も上昇しており、再び市場の関心も高まっているので、今後の相場にも良い影響となってくれそうですね。

 

 

しかし、何故リップルは暴騰したのでしょうか!?

調べてみたところ、9月17日に、CNBC(アメリカで影響のあるビジネス番組)のインタビューでリップルの製品(xRapid)が今後1ヶ月で商用可・本格稼働について良いニュースを伝えることができると話していました。

 

 

今まで、仮想通貨全体が下落していたのは、いつまで経っても実用化されない事が原因の一つでした。しかし、今回の発言によりいよいよ実用化の目処が経ってきたという期待により、リップルが暴騰したようですね。

 

リップルとAMEX、提携への期待

 

更には、先月にリップルの製品(xRapid)をアメックスが活用することに合意したとのニュースも流ています。今後のリップルネットワークの拡大が期待されています。

他にも、世界各国で新たな銀行との提携などたくさんあります。来月は楽しみなニュースが盛り沢山となりそうですね。

 

 

リップルを買うなら、bitbank(ビットバンク)がオススメ!!

 

リップルを買うなら、板形式で手数料もかからない「bitbank(ビットバンク)」が一番オススメです。他の仮想通貨業者はスプレッドが広いので、どうしても割高になってしまうというデメリットがあります。

その点、bitbankはセキュリティにも安心感があるので(もちろん資産はウォレットに移すのが一番オススメです)、2019年以降、主流の取引所になるのではないでしょうか。私はここの取引所でリップルを買っています。

ウォレットに関してはこちらの記事で紹介しています。

関連記事⇨クールウォレット(CoolWalletS)、仮想通貨を安全に保管するカード型ウォレットの特徴!!

 

 

また、以前はリップルの売買で最大手だったであろうcoincheck(コインチェック)は、現在売買が停止中となっています。それに、coincheck(コインチェック)は手数料がかなり高かったですからね。

そういった点から考えると、やはり「bitbank(ビットバンク)」が一押しでしょう。手数料無料というのは大きいです。

GMOコインなどでもリップルを購入する事はできます。しかし、残念ながらスプレッド(実質的な手数料)がそれなりに乗っています。正直なところ割高なので、リップルを買うのであればbitbankで板取引をしましょう。

 

 

下記リンクより、口座開設無料で手続きも簡単です。まだ口座を開いていない方はこの機会に開設しておきましょう。

 

公式HPはこちら⇨bitbank

関連記事⇨【おすすめの仮想通貨取引所】bitbank(ビットバンク)アプリの使い方を開設!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?