【FXトレード】ゴトー日は「仲値のドル買い」を狙おう!!

この記事の所要時間: 248

 

皆さん、こんにちは。FX大好きブロガーの前田(天才の部屋へようこそ!!)です。今回は、FXトレードにおけるアノマリーの一つである「仲値の円安」をご紹介したいと思います。数あるFXのトレード手法の中でも、認知度が高いかもしれません。

仲値が何かと言うと、金融機関で、顧客が外貨を売買するときに適用されるその日一日の基準レートのことを指しており、外国為替市場の実勢レートを参考に、銀行などがそれぞれ独自に決定しています。

銀行で外貨両替する時の為替レートは、FXの様に刻々と変わらないんですね。仲値がその日一日の基準となっているわけです。為替レートによほど大きな変動がない限りは、通常の顧客はその日の外貨の売買を、仲値を用いて行います。

 

 

仲値は朝9時55分の為替レートが基準になる

 

仲値は朝9時55分の為替レートが基準になります。銀行からすると、ドルを安く仕入れておいて、顧客には高く売りたいわけです。銀行も慈善事業じゃないので、利益はあげないといけないですからね。

そのため、銀行はどうするかというと9時55分までに米ドルを大量に仕入れておくんですね。すると米ドルを安く仕入れると同時に自らが相場を持ち上げて仲値を釣り上げて、顧客に高く売る事ができるわけです。

買った値段と仲値の価格差(サヤ)の分、銀行の儲けが増えるというカラクリが裏側にあるわけです。

ここで注目したいのは、そういった背景がある為に、9時から仲値が決定する9時55分までは米ドル円が上昇しやすくなるという事です。これをトレードに利用しようというわけです。仲値のドル買いですね。

 

仲値のドル買いは「ゴトー日」に更に強くなる傾向にある

 

仲値のドル買いは「ゴトー日」に更に強くなる傾向があります。ゴトー日とは「5」「0」のつく日を指します。

5日、10日、15日、20日、25日、そして月末ですね。ゴトー日が土日、祝日だった場合は前倒しになります。

ゴトー日は貿易決済が集中しやすい為、米ドルへの需要も普段に比べて増加します。つまりは、仲値のドル買いの傾向が更に強まるという事です。

これを理解していると、ゴトー日に米ドル円を買いを仕込んでおくというトレードができるわけです。

注意点としては、円高トレンドや前日に米国株が急落していて円高になりやすい時は、仲値のドル買いの効果が発揮されにくい事もあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

また、仲値に向けてドル高円安になったあと、9時55分を境にして一時的に落ちるという動きを見せる事もあります。

なので、9時54分に米ドル円のショートで仕込むと高い確率で勝つ事ができます。あくまで短期的な動きを狙ったトレードとなります。こういうのを分かった上で、チャートを見ると中々面白いですよ。

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

FX

Posted by maemae