【衝撃】日産自動車会長であるカルロス・ゴーンが金融取引法違反で逮捕される

この記事の所要時間: 325
 
 
皆さん、こんにちは。ブロガーの前田です。
 
カルロス・ゴーン金融取引法違反で東京地検に逮捕されたという衝撃のニュースに驚かれた方も多いのではないでしょうか。
 
約100億の報酬をもらっていながら約50億円しか開示していなかったと報道されています。
個人の脱税ではなく、金融取引法違反で逮捕されています。
 
カルロスゴーンと言えば、日産会長にして、三菱自動車の会長、仏ルノーの最高経営責任者(CEO)という物凄い肩書を持っている方です。日産=カルロスゴーンというイメージが強い方もいるでしょう。
 
果たしてカルロスゴーンはカリスマだったのか?それとも暴君だったのか?
 
 
 
 

カルロス・ゴーン氏逮捕

 
 
日産のお金を個人的に流用していたとも言われています。フランスではルノーの株価が大分下がっているそうです。
 
明日明後日は日産自動車の株価は下がると予想しますが、木曜日あたりは買い時になるのでしょうか?下値を狙っている人は多いでしょう。
 
 
日産より適時開示が出ているので引用します。
 
当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について

平成30年11月19日

 当社は、内部通報を受けて、数か月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及
び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。
 その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわた
り、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしま
した。
 そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大
な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しており
ます。
 当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してま
いりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。
 内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義
務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び
代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。また、グレッグ・ケリー
についても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。
 このような事態に至り、株主の皆様をはじめとする関係者に多大なご迷惑とご心配をおか
けしますことを、深くお詫び申し上げます。早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い
出し、対策を進めて参る所存であります。

以上

引用:適時開示

 

内部通報を受けて社内調査して判明したそうですね。日産の会見中継をこの記事を書きながら見ていますが、西川社長によると把握していたのは数人の単位、ゴーンが怖くて言えなかったのではなく透明性・ガバナンスの問題だったと答えています。しかし、この内容だと、日産の中でも相当の人が知っていて黙っていたのではないかと言われても仕方がないと思います。
 
会見で動機は何だったのかという質問が出ましたが、現時点では答えられない。調査はしているとの回答でした。消えた約50億のお金はどうなったのか気になります。
 
日産社内とゴーン氏の蜜月関係が壊れて、ゴーン氏VSその他日産経営陣の権力闘争であったり、一部で言われる「国策逮捕」の匂いもします。
 
今後の捜査の進展が気になります。
 
 
Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted by maemae