【外為ジャパンFX】入金

日産自動車(7201)の年間配当と配当性向と今後の行方。株は買いなのか!?

この記事の所要時間: 644

 

皆さん、こんにちは。ここ数日の暴落により株の含み損を抱えている前田さんです。

先ほど、日産前会長のカルロス・ゴーン容疑者の側近である、グレッグ・ケリー被告が東京拘置所から保釈されたというニュースが流れました。今後の展開に要注目です。

さて、高利回り銘柄として有名な日産自動車。

高い配当利回りは魅力的ですが、カルロス・ゴーン容疑者の逮捕や日経平均暴落などを受けて株価も838円(2018/12/25)まで、大幅下落しています。

 

業績・年間配当・配当性向の推移

 

10年分の業績を見てみると、上り調子で来ているものの頭打ちな印象を受けます。

 

売上高
(億円)
営業利益
(億円)
年間配当
(円/株)
配当
性向
’09/3 84,370 -1,379 11
’10/3 75,173 3,116 0
’11/3 87,731 5,375 10 13.1%
’12/3 94,090 5,458 20 24.5%
’13/3 96,296 5,235 25 30.7%
’14/3 104,825 4,984 30 32.3%
’15/3 113,752 5,896 33 30.2%
’16/3 121,895 7,933 42 33.6%
’17/3 117,200 7,422 48 28.9%
’18/3 119,511 5,747 53 27.8%
’19/3
(予)
120,000 5,450 57 44.6%

 

売上の約半分を占める北米の収益環境は、あまり楽観視できないという記事もブルームバーグで目にしました。

配当金額はというと、業績に関わらず伸ばしており、2019年3月期の配当性向は44.6%(予想値)となっています。

5月14日に開示された2018年3月期の決算短信によると、2019年3月期は増収減益予想となっていますが、引き続き配当金は増やしているんですね。

日産自動車の配当のタイミングは、期末(3月)と中間(9月)の年2回です。振込は6月末と11月末に行われます。

業績が上昇に転じなければ、今後も配当を伸ばしていけるかというと、ちょっと怪しいところです。配当性向がまだ40%台なので、当面は増配が続くかもしれませんが、過去には減配(無配)もしているので、今後の景気や業績次第では厳しい展開になる可能性も考えられるでしょう。

今は株価の下落により配当利回りが上昇していますが、減配になれば利回りも一気に低下することは肝に銘じておきましょう。

 

日産自動車 極秘ファイル 2300枚―「絶対的権力者」と戦ったある課長の死闘7年間

 

余談ですが、「日産自動車 極秘ファイル 2300枚―「絶対的権力者」と戦ったある課長の死闘7年間」という本が出版されています。

日産は組合に牛耳られて、なかなか思うように身動きの取れない会社だったようです。組合が強い会社なんですね。
 
「効率至上主義のトヨタとも 、開発型企業のホンダとも違う 、顧客志向に徹した会社に生まれ変わる 」ことが求められるも、なかなか実現させる事ができなかったそうです。
 
組合が強くなりすぎてしまうと、組合活動自体が目的化して、活動の中見を見失ってしまうのかもしれません。結局、日産は組織を変えることができませんでした。
 
そして、経営能力のなさという問題。
 
国内では誰からも救済してもらえなかったので、ルノーから救済してもらうことになり、ゴーン氏が送り込まれてきたのが、今回の問題の根源です。一度、読んでみるといいでしょう。

 

Amazonの商品リンクはこちら⇨日産自動車 極秘ファイル 2300枚―「絶対的権力者」と戦ったある課長の死闘7年間

 

配当利回りが高い理由

 

日産自動車の配当利回りが高いのには理由がありまして、発行済み株式の43%を保有する親会社のルノー(フランス)が日産自動車から利益を吸い上げるためなんだそうです。

 

カルロス・ゴーン会長の逮捕などについて

 

2018年11月19日、日産自動車の会長カルロス・ゴーンが、自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で任意同行されました。

関連記事⇨日産自株(7201)に売り注文殺到、一時6%安の940円台。買い時なのか!?

加えて、法人の日産も起訴される見通しとなっています。

更に悪材料は続き、ブレーキ検査で新たな不正が見つかったため、約15万台のリコールを行うとのことです。

上場廃止説まで出ている有様です。

「たとえ上場が維持されたとしても、株価の大幅下落は避けられないでしょう。12日は9円弱上昇しましたが、その前は4日続落でした。今後、特注銘柄になると機関投資家の大量売りが発生し、株価はさらに下がります。直近10年高値の半値水準である700円の攻防が想定されます」(倉多慎之助氏)

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

 

2019年3月期2Q決算

 

前年同期比で減収減益ですが、業績予想と年間配当額の修正はありません。

 

株価の動向

 

世界的に株安で推移したこともあり、今週は日産自動車も大きく値を下げて、838円(2018/12/25)となっています。

関連記事⇨【日本株式市場暴落注意報発令】日経平均暴落、1000円以上下落で1万9000円割れ目前(涙)

ゴーン前会長が特別背任容疑で再逮捕されるなど、まだ当面は不安要素が残ったままと言えるでしょう。

 

まとめ

 

配当金目当てで買う事を検討している方は、景気後退に入った時に減配の可能性(過去に減配を実施した事がある)がどの程度あるのかが重要となってきます。

直近では配当性向を上げて増配を続けているので、景気が悪くなってもある程度はカバーできるのかもしれません。

一方、当面はルノーの存在によって高い配当性向を維持できるにしても、今回のカルロス・ゴーン会長逮捕により今後の不透明感は増しています。

その辺りも考慮する必要があるでしょう。

 

Amazonの商品リンクはこちら⇨ゴーン・ショック! 事件の背後にある国家戦略と世界経済の行方

 

松井証券のご紹介

 

私が利用している松井証券は、いち早く外交マンを廃止しネット証券の先駆けとなった証券会社です。

やはり、松井証券の魅力はなんといっても、1日10万円以下の取引の手数料が無料だという事でしょう。

まだまだ他にも魅力満点です。

・NISA株式手数料は恒久無料
・デイトレ向け商品(一日信用取引)の手数料は無料
・高機能取引ツール「ネットストック・ハイスピード」が無料で利用可能
・同業他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料で利用可能
・資産運用をトータルでサポートする「投信工房」が無料で利用可能
・サポート態勢が整っている~HDI-Japan(ヘルプデスク協会)主催2017年度問合せ窓口格付け(証券業界)、最高評価の「三つ星」をネット証券で唯一7年連続で獲得~

これから投資を始めようと思っている投資初心者の方からデイトレーダーの方まで、さらには未成年の方からご年配の方まで、全ての方にオススメできる証券会社です。

 

口座開設はこちらから⇨松井証券の魅力、まずはお試しください。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
SBI FX
FXプライム byGMO

Posted by maemae