仮想通貨NEMの今後に期待。COMSAが盛り上がれば、来年は30円台に行くと予想。

2017年10月22日

この記事の所要時間: 234

 

仮想通貨にはまっている前田です。ビットフライヤーに続きコインチェックも登録したので、今度はコインチェックでNEMを購入しました。

仮想通貨NEM(単位:XEM)とは、新しい経済圏の創出を目標につくられたプロジェクトであり、その通貨名です。NEMはプルーフオブインポータンツ(Proof of Importance=POI)という仕組みで動いています。

そんなNEMですが、日本の取引所では、CoincheckとZaif取引所にて購入可能です。ZaifはNEM財団と提携し、COMSAなどのプロジェクトを行っている為、NEMとの紐付けが強いと言えます。 NEMの指値注文(ビットフライヤーやコインチェックは指値機能がありません。)ができますし、XEMの積立もできるという点においても、NEMを購入するのであれば、Zaif取引所一択だという事に後から気がつきました(汗)今後は、ZaifにてNEMを購入していきます。

さて、先日記事にしたCOMSAですが、プライベートブロックチェーン「mijin」や、日本の仮想通貨取引所「Zaif」等を活用して、一般企業のICO(仮想通貨発行による資金調達)を支援する為のテックビューロ株式会社のプロジェクトです。テックビューロ社は、MijinなどXEMを用いた開発を行っている会社でして、COMSAのICOに参加する為にはCOMSAトークン (CMS)の購入が必要となります。

 

NEMが上がるのではないかと予想

 

 

COMSAでトークンを購入するには、まずZaifに登録し、NEM、BTC、ETC、Zaifトークンいずれかの通貨を購入する事で事前準備は完了となります。Zaifに登録しなくても購入可能ですが、Zaifと連携した方が簡単に購入可能できるので、そちらの方法をお勧めします。

COMSAの影響でNEMが上がるのではないかと考えている人が多いのは、将来的にCOMSAのプラットフォーム上でICOをする企業が増えて、注目した人達がNEMの購入に走るのではないかという事。

実際に8月には約37円をつけています。そこから落ち着いて、今現在24円前後で推移しています。

 

 

私は、25.74356XEMでNEMを購入しました。ここから塩漬けします。今後、COMSAが盛り上がっていけば、NEMにも十分期待できると思っています。来年には、30円代になるのではと予想。

 

NEMが有名バスケットボールチームとスポンサー契約締結

 

2017年8月、NEM財団はリトアニアの有名バスケットボールチームである「リエトゥヴォス・リータス」と提携を結んだ事を発表しました。スポンサー契約締結により、XEMを使って、リエトゥヴォス・リータスの試合チケットやチームグッズなどを購入が可能になるそうですよ☺️今後も、こういったニュースに期待します!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

NEM, 仮想通貨

Posted by maemae