【仮想通貨】Ripple、リップルついに120円台へ!!【XRP】

この記事の所要時間: 344

 

ついにリップルが130円に届きましたね。その後、少し下がって120円前後を推移しています。いままで、「リップルは上がらない。」「機会損失だ。」などと散々言われながらも、ここにきての大暴騰です。私は、平均32円で取得しているので約4倍になりました☺️

リップル(Ripple)は、Googleが出資したことで一躍有名になった仮想通貨です。仮想通貨の中ではシステム的に珍しく、『オープンブロックチェーン』を用いておらず、決済や送金の為の電子送金プロトコルを使用しています。

そのため、決済関係に強く、IOUという手形取引のようなものを見知らぬ個人間で可能としている点が強みであり特長で、リップルは銀行システムに革命を起こすと言われています。

 

 

そんなリップルですが、韓国では154円になっている模様!!やったぜ。

 

リップル暴騰

 

与沢翼氏は、明後日には150円に届くのではないかと予想しているようですが、確かに現実味があります。

 

 

 

1億円でリップルを保有しているみたいなので、含み益もすごい事になっているでしょう。予想的中となるか!?

 

スイス銀行グループSwissquote

 

また、12月18日(月)、スイス銀行グループSwissquoteが、4種類のアルトコインを自身のオンライン取引プラットフォームに追加したことを発表した事が暴騰した理由の一つかもしれません。

消費者需要と流動性の観点から次の4種類が選ばれました。Swissquoteの顧客はビットコインに加えて、

・ETH(イーサリアム:ethereum)
・BCH(ビットコインキャッシュ:bitcoin cash)
・LTC(ライトコイン:litecoin)
・XRP(リップル:ripple)

をユーロおよび米ドルと両替できるようになり需要の高まりが期待されたのではないでしょうか。あぁ、もっとリップルを購入しておけばよかったなと、いつもの後悔をしています(苦笑)

さぁ、どこまで暴騰するのでしょうか。楽しみで仕方ありません。ガチホ最強!!

 

リップルとブリッジ通貨XRPが「価値のインターネット」でフィンテック革命の主役となる! (大和富士ブックス)

 

 

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

 

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?