【ダイモンJPモルガンCEO】仮装通貨ビットコインは詐欺発言を「後悔している。」

2018年8月21日

この記事の所要時間: 253
 
 
 
皆さん、こんばんは。仮想通貨ブロガーの前田(https://maemaeda.amebaownd.com)です。本日は、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が9日、過去に仮想通貨ビットコインを「詐欺だ。」などと厳しく批判していたことについて「後悔している」と発言し、米市場で話題を呼んでいる事について触れたいと思います。
 
 

仮想通貨ビットコインを「詐欺だ。」と発言

 

 
 
ダイモン氏は2017年9月、価格上昇が続いていた仮装通貨ビットコインについて、「ビットコインは詐欺だ、いずれ破綻する。(17世紀の)チューリップバブルよりひどい。」と主張。もし、自社にビットコイン取引に関わる社員がいれば、「クビにする。」とまで述べて物議を醸していていました。さすがに、これは言い過ぎだろと思った事を覚えています。
 
この時、上記の発言及び中国の取引所閉鎖のニュースで、ビットコイン価格は一時40→30万円まで暴落し、多くの人がビットコインを損切りしるという憂き目にあったのですが、その後、驚愕の事実が判明しました。


というのも、この40→30万円の暴落の中、モルガン証券がちゃっかりとビットコインを購入していたのです。
ビットコインの購入先を表示しているサイトには、しっかりとJPモルガンと書いてありました(驚)

購入したら即解雇というのは、一体、何だったんでしょう・・・。ビットコインの価格を抑えて、自分たちが仕込んでおきたいがためのポジショントークだったのかもしれませんね。

結局、このような記事が掲載されても、最終的には、自分自身の頭で考えての決断となります。人の話に流されるとロクな事にはなりません。

やる人、やらない人に分かれますが、私は、やる人のグループの先頭集団にいたいと思います。

さぁ、あなたはどちらのグループに属しますか?

 

モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)

 

 

外資系金融機関 サマーインターン参加者のエントリーシート (ゴールドマンサックス、ドイツ銀行、バークレイズ、JPモルガン、CIti、モルガンスタンレー)

 

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?