仮想通貨取引所バイナンス(Binance)で億万長者を目指す!!

2018年8月21日

この記事の所要時間: 228

 

皆さん、こんにちは。仮想通貨取引所バイナンス(Binance)での取引で億万長者を目指している前田(https://maemaeda.amebaownd.com)です。

 

 

ブルーオーシャン

 

こちらの取引所、2018年1月5日のバイナンス(Binance)公式アカウント発表によると、なんと1日20万人を超えるペースで新規登録者が殺到(!!)しているという、名実ともに世界一の取引所として不動の地位を築いています。他にも海外の仮想通貨取引所は存在しますが、トラブルが多い話も聞きますし、バイナンス(Binance)が一番安心して利用できる取引所でしょう。

 

そして、特徴の一つとも言えるのが、国内の取引所では多くても10数種類の通貨しか取扱していないのに対し、バイナンス(Binance)は、なんとなんと100種類以上もの通貨を取引が可能です。

 

そう、私はこの数ある仮想通貨の中から将来有望な草コインを見つけだし、一攫千金を狙っているハンターなのです。第三の仮想通貨と呼ばれている草コインですが、その定義は曖昧です。

 

一般的には時価総額が小さく、知名度の低い仮想通貨のことを指しています。『笑ってしまう(=ネットスラングで「草」)くらい価値のないコインだから』という説もありますね。

 

そんな草コインですが、日本国内の仮想通貨の取引所ではほとんど取り扱いがなく、ビットコイン等の一般的な仮想通貨の銘柄と同じようには購入できないのがネックでもあります。日本国内で購入できる草コインといえば、反論はあるかもしれませんがぺぺキャッシュでしょうか。2018年4月現在2円くらいです。ちなみに私は、ぺぺキャッシュを11円で1700枚ほど保有しております。なんて事でしょうか。涙が止まりません(涙)

 

ぺぺキャッシュの詳細はこちら⇨【緑のカエル】仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)の特徴

 

購入するためには、国内の仮想通貨取引所でビットコインや他のメジャーな仮想通貨を購入し、それをバイナンス(Binance)などの海外の仮想通貨取引所に予め開設しておいた自分のアカウントに送金するという方法になります。

 

そして、草コインを購入するというわけです。

 

日本国内にいる投資家は、ほとんど海外の取引所を利用して取引をしていないので、投機対象としては光り輝く「ブルーオーシャン」(競合相手のいない領域)と言えるでしょう。

 

さぁ、そのブルーオーシャンで一攫千金を掴めるのか。私自身とてもワクワクしています。やったりますよ〜!!

 

バイナンス(Binance)への登録方法はこちら⇨【オススメ】仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)、登録手順徹底解説!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?