【シビアな市場】トルコリラ、拘束2年に及ぶブランソン牧師を遂に解放

この記事の所要時間: 326

 

皆さん、こんにちは。FX大好きブロガーの前田(天才の部屋へようこそ!!)です。

トルコリラを保有している方は、どうなるのか気が気でなかったであろう2年にわたり拘束されてきた米国人牧師、アンドルー・ブランソン(Andrew Brunson)氏の解放をトルコの裁判所は12日決定しました。

同牧師の拘束は、トルコにとって対米関係の危機と経済問題の火種となっていました。牧師解放により、今後の米国との関係改善が期待されるのではないでしょうか。

 

 

ブランソン牧師解放

 

トルコ西部アリアー(Aliaga)の裁判所は、ブランソン牧師をテロ関連の罪状で有罪として、禁錮3年1月15日の刑を言い渡した上で、裁判所は、ブランソン牧師の未決勾留期間と公判中の素行の良さを考慮し、同牧師の自宅軟禁と渡航禁止を解除した様です。

牧師は解放されました。

ここで、市場が注目しているのはアメリカがどんな見返りをトルコにくれるのかという事です。

 

 

これに関して、トランプ大統領は、ブランソン牧師解放に関してトルコとの取引はなく、捕虜釈放の取引はないと明言しています。(この人質がザラブ氏なのかギュレン氏なのかは分かりません。)しかしながら、米国とトルコの関係は良くなるだろうと述べています。

 

シビアな市場

 

トルコリラ円の方はというと、20〜30銭上昇と1円も上昇する事はありませんでした。市場はシビアなもので、懸念の一つが無くなった程度にしか捉えていないようです。

次回のトルコ中銀政策金利は、10月25日に発表されます。 市場の目は早くもこの政策金利にシフトしているようです。

何かと話題に事欠かないトルコリラに、今後も要注目です。

 

トルコリラを購入するならみんなのFX

 

トルコリラ円を購入する上で考えるべきポイントは、やはりスワップポイントが高く、スプレッドが安いFX会社で取引するという事が重要になります。

あとは、最小取引単位が少ない(100~1000通貨単位)FX会社といった所でしょうか。

総合的に考えると、トルコリラ円のスワップ金利が高いFX会社はみんなのFXです。

 

 

トルコリラ円は、スワップ金利の高いFX会社で保有すれば1日100円(2018年8月時点)、年換算すると、年間36,500円(年収益率は20%超)ものスワップ金利が付与されます。

 

 

みんなのFXでトルコリラ円を10Lot買うと、1日1000円の不労収入が入ってくる計算になります。まだみんなのFXで口座を開いていない人は、この機会に口座開設をしておきましょう!!

お申し込みはこちらから⇨トレイダーズ証券「みんなのFX」

 

トルコリラのニュースまとめ

 

私が今までアップしたトルコリラの記事をまとめています。是非、ご覧ください。

まとめ記事⇨【随時更新】トルコリラのニュース記事まとめ【FX・為替】

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

FX

Posted by maemae