【仮想通貨取引所】bitbank(ビットバンク)の登録方法と評判、リップルが安い!!

この記事の所要時間: 658

 

皆さん、こんにちは。仮想通貨ブロガーの前田です。

今回は、リップルやイーサリアムなどが取引板で購入できるbitbank(ビットバンク)の評判や登録方法について書いていきたいと思います。

bitbank(ビットバンク)の特徴は取引板からリップルやイーサリアム、ライトコインなどが購入できるという点でしょう。日本の取引所で、XRPを取引板から指値で買える取引所は他にはありません。手数料の安さや使い勝手からしてみても総合的に良い取引所なので、私は重宝しています。

 

bitbank(ビットバンク)とは!?

 

bitbank(ビットバンク)は、ビットバンク株式会社が運営している国内の仮想通貨取引所です。取り扱っている仮想通貨の種類は全6種類です。

 

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム (ETH)※
・リップル (XRP)
・ライトコイン (LTC)※
・モナコイン (MONA)
・ビットコインキャッシュ (BCH)

※はBTCとのペアのみ

 

注目する点は、「リップル」を取り扱っている事でしょう。

 

 

代表的な国内取引所では取り扱いが少なく「コインチェック」からしか購入できなかったのですが、NEM流失事件の影響でコインチェックからは仮想通貨の売買が現状できない状態になっています。

また、コインチェックが売買を再開したとしても「販売所」なので、スプレッドが大きくなってしまいがちです。ビットバンクを利用すれば、アルトコインの手数料を抑えて取引できるので、間違いなく口座開設をした方がいいでしょう。

 

売買手数料

 

ビットコイン:マイナス0.05%(メイカー)、0.05%(テイカー)
アルトコイン:マイナス0.05%(メイカー)、0.025%(テイカー)

 

ットバンクの売買手数料は上記の通りとなっています。マイナスになっている部分がありますが、これは取り引きをすればするほど、そのパーセンテージ分の仮想通貨が逆に増えるということになります。

テイカーとメイカーですが、これは取り引きの方法の違いとなっています。
 
テイカーは、注文板を基に決められた価格ですぐに取り引きをすることができる方法で、メイカーは自ら金額を指定して注文する方法です。

テイカーは成行注文なので、すぐに取引が成立しますが、メイカーはその金額での買い手・売り手が現れるまで取引は成立しません。

 

入出金手数料(日本円)

 

銀行入金手数料:振込手数料を自己負担
銀行出金手数料:3万円未満、540円
        3万円以上、756円

 

日本円をビットバンクに入金(振込という事)、もしくはビットバンクから出金する際に発生する手数料です。

 

送金手数料(仮想通貨)

 

ビットコイン:0.001BTC
イーサリアム:0.0005ETH
リップル:0.15XRP
ライトコイン:0.001LTC
モナコイン:0.001MONA
ビットコインキャッシュ:0.001BCC

 

ビットバンク内にある仮想通貨を他のウォレットに送金する際の手数料です。この送金手数料は、ビットバンクに支払うのではなく、マイニングをしている人達への報酬となります。

 

指値注文ができる

 

ビットバンクで取り扱っている全通貨を、取引板で指値を利用した取引をできるのが大きな特徴となっており、指値取引ができるのはビットバンクだけです。

取引板で取引を行うことにより、自分が買いたい価格を設定して注文を出し、マッチングした時点で注文が通ります。

 

bitbank(ビットバンク)はアプリが存在しない

 

なぜかビットバンクはアプリがありません。そうは言っても、WEBブラウザからスマホ最適化されたUIでのトレードは可能ではあるのですが、ビットフライヤーやコインチェックのようにスマホアプリで気軽に取引ができないので、この点がビットバンク利用時におけるデメリットといえるでしょう。

 

bitbank(ビットバンク)口座開設方法!!

 

では、ビットバンクの口座開設方法のご説明に入りたいと思います。まずは、bitbank(ビットバンク)のサイトに行き、メールアドレスを入力して、その下にある新規登録を押します。

 

 

すると入力したメールアドレス宛に、ビットバンクからメールが届くので、そのメールにあるリンクをクリックします。

パスワード入力画面にて、パスワードを入力して、利用規約・取引ルール・リスク事項の同意しますにチェックを入れます。

パスワードは使いまわさずに強固なものに設定しましょう。他のサイトに登録してるパスワードが漏れた場合、不正アクセスされるリスクがあります。

 

 

最後に登録を押すと、ビットバンクのトレードページへと推移します。口座開設自体はこれで完了となります。

 

 

続いて、トレードページの右上に人のアイコンマーク(小さいです)があるので、そこをクリックするとメニューが表示されます。

 

 

メニュー内のセキュリティと登録情報をクリックしましょう。

 

 

登録情報では、氏名・フリガナ・生年月日・郵便番号・住所を入力し、身分証を送信します。セキュリティですが、必ず二段階設定とSMS認証の設定をしましょう。

こちら側で行う手続きはここまでとなります。

 

後日、住所確認書類が届く

 

上記手続きを終えると、後日、ビットバンクから本人確認書類の審査結果がメールにて届きます。無事に審査に通れば、登録住所に住所確認書類が送付されます。ハガキを開けると暗証番号が書いてあるので、入力するまで保管しておきましょう。

本人確認書類は簡易書留で送られてきますし、メールに郵送状況を確認できるURLもあるので、今どこにあるのかも確認する事ができますよ。

 

bitbankをいつもご利用頂き、ありがとうございます。

ご提出いただいた本人確認書類が承認されました。

これよりお客様の住所宛に、転送不要の書留郵便にて住所確認書類が送付されます。
書類の受け取りが確認できると、一営業日ほどで住所確認が完了致します。
今しばらくお待ちください。

 

最後にビットバンクにログインして、ハガキに書かれている暗証番号を入力すると、晴れてビットバンクで入出金や売買ができるようになります。

手順ですが「登録情報」→「本人確認書類」→「暗証番号で有効化」ボタンを押して、そこに暗証番号を入力すれば全て完了します。

 

まとめ

 

ビットバンクは取引所がシンプルな作りなので、サイトが重たくなく快適にトレードできます。トレードも簡単ですし、テクニカル分析ツールも備わっている事から、上級者から初心者までオススメできる取引所だと思います。

この機会に公式サイトにアクセスして登録しましょう→bitbank

 

クリエーターをサポート

 

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

 

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?