トレンドワード1位の24時間テレビが会社だったら投資したいという話

この記事の所要時間: 523

 

皆さん、こんにちは。投資系ブロガーの前田(天才の部屋へようこそ!!)です。

今日は、何となくGoogleトレンドで何がトレンドワードなのかなと見つめておりました。

 

 

どうやら24時間テレビがトレンド1位のようですね。あの愛は地球を救うというやつですね。見損ねてしまいましたよ。という事で、24時間テレビに関して話していきたいなと思います。

 

24時間テレビが会社だったら投資したいという話

 

何と、24時間テレビは、もう四半世紀以上もやっているらしいです。そんなに長者番組だったんですね。そして、テーマは毎年同じ「愛は地球を救う」です。

しかしながら、それでも地球があんまり救われてる感はしないなんて言ってしまうのは余計な一言でしょうか。

羽生結弦がふるさと仙台で夢のアイスショーを披露したんですね。個人的に羽生結弦は人々に感動を与え、平和というワードがとても似合う方だと思います。素晴らしい。

 

 

24時間テレビの出演オファーやギャラに関して、ツイッターで色々な情報が出回っていますね。24時間という番組の趣旨から摩擦が起きているようです。出演者の高額ギャラに関する報道によって、風向きが変わり、一部のアンチが放送局だけでなく、番組のスポンサー企業にまで抗議の電話を掛けているようです。その一方で、ギャラはいらないという出演者もいるようで、収まりどころが難しい点なのかもしれません。

 

 

 

さらに調べてみたところ、24時間テレビは制作費4億円、広告収入が22億円 募金総額が約10億円らしいです。

利益率でいったらグリーやモバゲーも顔面蒼白の超優秀企業ではないですか。

この事業だけ分社化して、24時間テレビ株式会社みたいな会社があったら速攻で投資させてもらいたいですね。上場なんてした日には、爆騰確定の超優良銘柄です。

そして、さらに関心するのが、それぞれの登場者がみんなwin-winで完璧で良く出来た番組だという点です。

 

【テレビ局、広告代理店、タレント】

・深夜も高い視聴率で枠が売れるため、高額の広告収入が期待できる
・「チャリティー番組」を演出することでイメージアップ向上
・視聴者からのお金で募金するので、自分たちの懐は痛めずにCSR(※)が可能

※CSRとは、「企業の社会的責任」であり、一般的なイメージとしては、ボランティアや寄付活動、また法令順守や環境保護活動を指す

【スポンサー】

・毎年約束された高視聴率での広告枠でCM放送が出来る
・CSRのネタ収集に最適
・企業のイメージアップに大きく貢献

【視聴者】

・募金する事で問題解決に寄与したという自尊心に満たされる
・視聴者として番組を楽しめる

【障害者】

・スポットライトが当たり、世の中に対する認知度や問題提起を訴える事が出来る

多くの人は障害者の生活なんて知らないでしょうから、仮に食い物にされようともテレビに出て、障害の困難さを社会的に広めるのは有意義な事だと思います。

 

こうして考えてみると24時間テレビは誰がどうみてもドル箱事業と言えるでしょう。また、社会的意義もあるため、素晴らしい番組だと思います。1年に1回放送というのもいいんでしょうね。毎週、放送してたら飽きられるでしょうし、1年に1回放送だから、皆の財布の紐も緩むという部分もあると思います。

ちなみに24時間テレビのチャリティーTシャツも色々あるようです。

 

 

 

 

 

 

 

渡辺直美プロデュースのTシャツとか売れそうですね。

 

 

とういう事で24時間テレビに関して語ってみました。

では、また!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted by maemae