bitbank

LINE発行の仮想通貨LINKが日本上陸の可能性!?

この記事の所要時間: 222

LINE

 

『仮想通貨LINKが日本に上陸するかもしれない!?』

皆さん、こんにちは。
パフュプリム仮想通貨ソルジャーの前田さんです。

大多数の方が利用しているであろうLINE(ライン)が、金融庁に申請していた仮想通貨交換業の登録が近く認められる見通しだそうです。

実は、あまり知られていませんが、LINEは仮想通貨LINK(リンク)を発行しています。

海外の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)などでないと購入できないので、知られていないんでしょう。

交換所ではビットコイン(BTC)や独自の仮想通貨(暗号資産)を売買し、決済などLINEの他サービスに連携する予定のようです。

これは、使い道がありそうなので仮想通貨の普及に一役買ってくれそうですね。

 

 

   
SBIネオモバイル証券 口座開設
 

仮想通貨LINKが日本に上陸!?

 

実は、LINEは日米以外では交換所を運営していました。
知らなかった方も多いのではないでしょうか。

そう、日本では登録が遅れていたんですね。

そんな日本での運営開始予定の仮想通貨取引所で、独自の仮想通貨「LINK」を取り扱う可能性があると日経新聞で報じられており、それもあってかLINKの価格が一週間で3倍近くになっています。

 

バイナンスのチャートBINANCE(バイナンス)のチャートより

 

一足先にBINANCEでLINKを仕込んでおく!?

 

さて、どうなると一足先にBINANCEでLINKを仕込んでおくかどうかという事が頭をよぎりますが、恐らく既に日本上陸の可能性を視野に価格に織り込まれているのではないかと思います。

しかし、日本上陸が実現すれば更なるマネーが流入して、また価格が上昇する可能性もあるので、私は今から購入してみようかなと思います(笑)

2019年12月期第1四半期 決算説明会」を参照すると、現在のLINEの月間アクティブユーザー数は8,000万人以上いるそうです。

なので、広告も打ってくるでしょうし、影響力も多分にあるでしょう。

本当は、こういうニュースが出る前に仕込んでおかないと中々恩恵に預かる事ができないんですが、まぁ今更そんな事を言っても仕方ないですしね(涙)

ビットコインも115万円前後まで上昇していますし、仮想通貨界隈がどんどん盛り上がってきていますね。

これから、ますます楽しみで仕方ありません。

まだ、BINANCEを登録していない方は、下記記事にて登録手順を解説しているので、参考にして下さい。

関連記事⇨【オススメ】仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)、登録手順徹底解説!!

 

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?